2017年9月27日・神田・今川小路【膝】

LINEのタイムラインに「神田駅付近、今川小路が消えるとの情報あり」と水心氏より書き込みがあった。
疎い東京の右半分だが、特に神田駅周辺にはとんと縁がないので今川という地名自体が初耳かもしれない。軽く検索すると、どえらい昭和物件が奇跡に残っているらしい。
たまたま今日は近くまで行くので、ほんの1キロほど足を延ばしてみた。
周辺はほぼバリケードがされているか再開発済み。残るエリアは猫の額だった。まさに風前の灯火だ。少し時間が早すぎて残念だった。

2017GW 下町探訪【膝】

連休中は郊外を避け、比較的空いているであろう下町を彷徨いてみた。
「神田でカレー」という王道を選択したが、有名店は長い行列。たまたま見つけたペルソナの欧風カレーは辛くて滋味深く旨いカレーであった。

神田神保町

SONY NEX-5  旭光学Super-Takumar 1:3.5/135
SONY NEX-5  旭光学Super-Takumar 1:3.5/135
HUAWEI P9 CO-ENGINEERED With LEICA
HUAWEI P9 CO-ENGINEERED With LEICA
SONY NEX-5  旭光学Super-Takumar 1:3.5/135

江東区森下

森下やら清澄白河エリアを愉しむ。

SONY NEX-5  旭光学Super-Takumar 1:3.5/135
SONY NEX-5  旭光学Super-Takumar 1:3.5/135
SONY NEX-5  旭光学Super-Takumar 1:3.5/135
HUAWEI P9 CO-ENGINEERED With LEICA
SONY NEX-5  旭光学Super-Takumar 1:3.5/135
HUAWEI P9 CO-ENGINEERED With LEICA
HUAWEI P9 CO-ENGINEERED With LEICA
SONY NEX-5  旭光学Super-Takumar 1:3.5/135

 

 

HUAWEI P9 CO-ENGINEERED With LEICA
SONY NEX-5  旭光学Super-Takumar 1:3.5/135
HUAWEI P9 CO-ENGINEERED With LEICA

墨田区京島へ上陸

京島は強烈に素敵な街だった。

HUAWEI P9 CO-ENGINEERED With LEICA

 

HUAWEI P9 CO-ENGINEERED With LEICA
HUAWEI P9 CO-ENGINEERED With LEICA

 

HUAWEI P9 CO-ENGINEERED With LEICA

HUAWEI P9 CO-ENGINEERED With LEICA
SONY NEX-5  旭光学SMC-Takumar 1:1.8/55
HUAWEI P9 CO-ENGINEERED With LEICA
SONY NEX-5  旭光学SMC-Takumar 1:1.8/55
SONY NEX-5  旭光学SMC-Takumar 1:1.8/55
HUAWEI P9 CO-ENGINEERED With LEICA
SONY NEX-5  旭光学SMC-Takumar 1:1.8/55
SONY NEX-5  旭光学SMC-Takumar 1:1.8/55
SONY NEX-5  旭光学SMC-Takumar 1:1.8/55
SONY NEX-5  旭光学SMC-Takumar 1:1.8/55
HUAWEI P9 CO-ENGINEERED With LEICA
SONY NEX-5  旭光学SMC-Takumar 1:1.8/55
HUAWEI P9 CO-ENGINEERED With LEICA
SONY NEX-5  旭光学SMC-Takumar 1:1.8/55
SONY NEX-5  旭光学SMC-Takumar 1:1.8/55
HUAWEI P9 CO-ENGINEERED With LEICA
SONY NEX-5  旭光学SMC-Takumar 1:1.8/55

 

SONY NEX-5  旭光学SMC-Takumar 1:1.8/55
HUAWEI P9 CO-ENGINEERED With LEICA
SONY NEX-5  旭光学SMC-Takumar 1:1.8/55
SONY NEX-5  旭光学SMC-Takumar 1:1.8/55
SONY NEX-5  旭光学SMC-Takumar 1:1.8/55
SONY NEX-5  旭光学SMC-Takumar 1:1.8/55

 

2017GW 三浦〜子安〜安善【膝】

SONY NEX-5  旭光学SMC-Takumar 1:1.8/55
SONY NEX-5  旭光学SMC-Takumar 1:1.8/55
HUAWEI P9 CO-ENGINEERED With LEICA
SONY NEX-5  旭光学SMC-Takumar 1:1.8/55
SONY NEX-5  旭光学SMC-Takumar 1:1.8/55
SONY NEX-5  旭光学SMC-Takumar 1:1.8/55
SONY NEX-5  旭光学SMC-Takumar 1:1.8/55
SONY NEX-5  旭光学SMC-Takumar 1:1.8/55
HUAWEI P9 CO-ENGINEERED With LEICA
HUAWEI P9 CO-ENGINEERED With LEICA
HUAWEI P9 CO-ENGINEERED With LEICA
SONY NEX-5  旭光学SMC-Takumar 1:1.8/55
HUAWEI P9 CO-ENGINEERED With LEICA
HUAWEI P9 CO-ENGINEERED With LEICA
HUAWEI P9 CO-ENGINEERED With LEICA
SONY NEX-5  旭光学SMC-Takumar 1:1.8/55
HUAWEI P9 CO-ENGINEERED With LEICA
HUAWEI P9 CO-ENGINEERED With LEICA
HUAWEI P9 CO-ENGINEERED With LEICA
HUAWEI P9 CO-ENGINEERED With LEICA
SONY NEX-5  旭光学SMC-Takumar 1:1.8/55
SONY NEX-5  旭光学SMC-Takumar 1:1.8/55
SONY NEX-5  旭光学SMC-Takumar 1:1.8/55
HUAWEI P9 CO-ENGINEERED With LEICA
SONY NEX-5  旭光学SMC-Takumar 1:1.8/55
SONY NEX-5  旭光学SMC-Takumar 1:1.8/55
SONY NEX-5  旭光学SMC-Takumar 1:1.8/55
SONY NEX-5  旭光学SMC-Takumar 1:1.8/55
HUAWEI P9 CO-ENGINEERED With LEICA
HUAWEI P9 CO-ENGINEERED With LEICA
HUAWEI P9 CO-ENGINEERED With LEICA

2017年4月29日・新宿思い出横丁【膝】

オッサンがふらりと立ち寄って気持ち良く酔っ払う街ではなくなった。外人さんばっかり。珍しく日本人グループだなって思うと中国語や韓国語だもん。

SONY NEX-5  旭光学SMC-Takumar 1:1.8/55
SONY NEX-5  旭光学SMC-Takumar 1:1.8/55

 

SONY NEX-5  旭光学SMC-Takumar 1:1.8/55
SONY NEX-5  旭光学SMC-Takumar 1:1.8/55

 

SONY NEX-5  旭光学SMC-Takumar 1:1.8/55

2017年2月 西鎌倉 | 江ノ島 | 極楽寺 | 長谷【膝】

DSC06887
SONY NEX-5 With Super Takumar 1:3.5/135mm
DSC06899.ARW
SONY NEX-5 With Super Takumar 1:3.5/135mm
IMG_20170204_150844 (1)
HUAWEI P9 CO-ENGINEERED WITH LEICA
DSC06888
SONY NEX-5 With Super Takumar 1:3.5/135mm
DSC06889
SONY NEX-5 With Super Takumar 1:3.5/135mm
DSC06890
SONY NEX-5 With Super Takumar 1:3.5/135mm
DSC06891
SONY NEX-5 With Super Takumar 1:3.5/135mm

 

DSC06892
SONY NEX-5 With Super Takumar 1:3.5/135mm

帰宅後にGoogleマップで確認したところ、富士見亭という食堂だった。この店からは、多分島内でも一位二位を争うほど急激な階段下って見晴亭の脇を通って海岸に降りることができる。

この店で何気なく覗き込んだサンプルメニューに衝撃を受けた。

確かこんな文句だった。「シラス禁漁につき休止中」(写真撮っとけよ)

何と名物のシラス丼は、肝心のシラスが禁漁期間なので売ってませんというのだ。モノレールで江ノ島の地に足を降ろしてから何十枚、何百枚ものシラス丼の張り紙やらノボリやらを見続けてきた。どの店も協定があるらしく同価格。しかし、新鮮な朝採れのシラスを是非とのオーラが島全体に行き渡っていた。ところが冬の時期は禁漁で、3月までは冷凍物で代替していたのだ。

稼ぎ頭なので禁漁を隠して商売をしたい気持ちは理解出来るが、それをやってしまったらいかんと思うな。で、調べてみたらこのサイト「しらす料理を食べに行こう」では「生しらす料理が食べられる店」のトップに紹介されていた。誇りを持って営業されているんだろう。ちなみに3月11日が解禁日らしい。

江ノ島の西端部の崖の上に位置する富士見亭
江ノ島の西端部の崖の上に位置する富士見亭

DSC06941

これ以後はSONY NEX-5 With SMC Takumar 1:1.8/55mm

DSC06948 DSC06949 DSC06953

次の踏切までダッシュしよう!と駆け出すStand by meな少女達。

DSC06955 DSC06958 DSC06965

ううう。ピンが大甘!

DSC06969 DSC06971 DSC06974 DSC06976 DSC06981 DSC06984 DSC06985

2016.12.29 荒川逍遥~昭探忘年会 【膝】

大好きな荒川区へ

dsc06788 dsc06790

滅多にお目にかかれないであろうタイの僧侶達。「肉食妻帯勝手たるべし」のお上の戦略にまんまと乗せられたどこかの生臭坊主と比較して品格を感じる。年末の大掃除は、日本の習慣に合わせているのだろうか?

img_20161229_151013

40年前ならば世田谷にもたくさんあった木造アパート。実に懐かしいね。

 

img_20161229_151703

元は薬局であったようで、「アサヒ〇〇商〇」と読み取れる。

dsc06794

このお宅は一際光り輝く。防災上等の不便さはあるだろうが、末永く頑張っていただきたい。

img_20161229_151808

実に良い感じにくたびれている。ポストもトタン板も住居表示も材木も、すべてが仲良く朽ちている。実に良い。

dsc06796

高層マンションは建っても、下町の商店街は不滅なのだ。

img_20161229_152118

特にJR沿線は独特の風情がある。

dsc06799

まさに年末そのもの。見事な店先じゃないか。

dsc06806

路地のどん詰まりはJRの高架ね。

dsc06809

北千住電車通りの百貨店は10ヶ月払いが売りだったのか。

img_20161229_155430

三河島駅前のコリアン会館。多数の在日韓国人が居住するこのエリアの中心的存在なのかな。↓のサイトに詳しいんだけど韓国済州島の高内里という村の出身者が多いとのこと。その為、韓国料理の食材販売店等が多数軒を連ねる商店街が魅力的。ここ数年、韓国独特のノワール系映画にはまっている我々には溜まらんシチュエーションなのだ。
大東文化大学国際関係学部のサイト(http://www.daito.ac.jp/gakubu/kokusai/asia21/bazaar/arakawaku.html)

dsc06814

三河島辺りにもインバウンドの流れが。

dsc06821

昭和探検隊おなじみの大門湯へ。実に良い湯であった。

dsc06828

dsc06831

かねてより記録しておきたかった銭湯のポスター。他のお客さんが居なくなったので。在日韓国人が多かったことから、銭湯に「同和事業促進協会」のポスターが貼られたのだろう。もしかして、同和対策事業特別措置法が施行された昭和46年頃だったりして!と思ったが、よく観ると電話番号の局番が四桁だ。つまり平成3年以後ということだ。たかだか二十数年しか経っていないということでガッカリしてる。ちなみに同和事業促進協会は現在の東京都人権啓発センターらしい。

dsc06832 dsc06834

銭湯の向かいには、ビジュアル最高のモツ焼き屋おとみ。スーパーカブに超絶似合うブルドックソースのコンテナケース。家路を急ぐおばば。

dsc06842 dsc06837 dsc06843

荒川といったら名店「直寿司」。庶民的でアットホームな店だが、コハダやシメサバ、海老などの手間暇が必要なネタを食べればすぐに判る。素材の味だけに頼っているナンチャッテ鮨職人との違いは明白。(店内の写真だけフレクトゴン)

 

番外編
img_20161231_132815韓国マーケットで購入した青唐辛子。これを刻み、ニンニクのスライスと共に醤油に漬け込む。三日ほどで食べ頃に。実に旨いし実に辛い。これで400円だから1本辺りは25円。お薦めです。

2016年8月/鶴見線安善駅【膝】

戦後の1946年(昭和21年)、GHQによる「財閥解体」により消え失せた安田財閥。戦前はダントツに巨大な金融資本を誇る大財閥だったらしい。この巨大組織の創業者安田善次郎の名前を冠した安善通りから駅名が付いたとされる安善駅を見学した。

現存する安田財閥系の企業は、みずほグループや明治安田生命保険とのこと。確かに“安田”が入っている。知らなかった〜。同郷の浅野総一郎を徹して支援したらしいので、彼が居なければ浅野セメントも日本セメントも太平洋セメントも存在しなかったであろう。損保ジャパンや東京建物も安田財閥系らしいし、何より驚いたのが東大安田講堂も彼の寄付らしい。安善駅の利用者で善次郎を知る者は如何ほど居るのであろうか。ちなみに、さまざま寄付を行い続けた善次郎だが“陰徳”を美徳として世間には知らせなかったとのこと。つまり安田講堂という名称も、彼の死後になってから故人を偲んで命名されたらしい。実に立派な実業家だ。

NEX-5
NEX-5
NEX-5
NEX-5
NEX-5
NEX-5
NEX-5
NEX-5
NEX-5
NEX-5
NEX-5
NEX-5
NEX-5
NEX-5
NEX-5
NEX-5
NEX-5
NEX-5

「2015年末の那須温泉やら、帰り道の寂れた街2015年年末【膝】」

SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC

P_20151229_142904

SONY DSC
SONY DSC

P_20151229_145152 P_20151229_154944 P_20151229_154957 P_20151229_172958 P_20151229_173330 P_20151229_181402 P_20151229_220324 P_20151229_220351_HDR P_20151229_220415_HDR P_20151229_220434_HDR

SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC

P_20151231_084649 P_20151231_084658 P_20151231_084707

SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC