2016/06/18 好物「桐ヶ丘団地」は、予想通りにパワーアップしていた【膝】

たまにはジャーナリスティックなコメントを加えるという新たな芸風を試みるw。

SONY DSC

手書き看板特有の情念を感じるが、いわゆる「電波系」ではない。内容は、商店街にとっては死活問題とも言える(厳しすぎる)駐車違反取り締まりへの反発であろう。実に的を射た内容で、全面的に賛同する。

SONY DSC

未だお元気で開店されていた。老婆の生きがいなのだろう。この手の店が存続できる社会こそ、平和で健康的なのだ。

SONY DSC

おもちゃ屋から出てくる子ども。 あまりにも当たり前に見える光景だが、実は奇跡のワンショットと自賛しても過言ではないほど、桐ヶ丘には子どもはいないのだ。

SONY DSC

コインで数分間揺れてくれる乗車系アトラクション。数年前と比較すると半減していた。否、半減どころではない。最後に残った一台。

SONY DSC

戦後のベビーブーム期からバブル崩壊まで営業していた店舗の大半は撤退し、新規に開店するのは中国系か韓国系の店舗になる。桐ヶ丘も例外ではなかった。

コメント

  1. 神奈中 より:

    北米はもちろん、比較的道の狭いヨーロッパでも路上の縦列駐車は一般的。特に出入りや路線バスの通行に影響の少ない所なら確かに緩くて良い気もする

タイトルとURLをコピーしました