2016年8月/鶴見線安善駅【膝】

戦後の1946年(昭和21年)、GHQによる「財閥解体」により消え失せた安田財閥。戦前はダントツに巨大な金融資本を誇る大財閥だったらしい。この巨大組織の創業者安田善次郎の名前を冠した安善通りから駅名が付いたとされる安善駅を見学した。

現存する安田財閥系の企業は、みずほグループや明治安田生命保険とのこと。確かに“安田”が入っている。知らなかった〜。同郷の浅野総一郎を徹して支援したらしいので、彼が居なければ浅野セメントも日本セメントも太平洋セメントも存在しなかったであろう。損保ジャパンや東京建物も安田財閥系らしいし、何より驚いたのが東大安田講堂も彼の寄付らしい。安善駅の利用者で善次郎を知る者は如何ほど居るのであろうか。ちなみに、さまざま寄付を行い続けた善次郎だが“陰徳”を美徳として世間には知らせなかったとのこと。つまり安田講堂という名称も、彼の死後になってから故人を偲んで命名されたらしい。実に立派な実業家だ。

NEX-5

NEX-5

NEX-5

NEX-5

NEX-5

NEX-5

NEX-5

NEX-5

NEX-5

NEX-5

NEX-5

NEX-5

NEX-5

NEX-5

NEX-5

NEX-5

NEX-5

NEX-5

コメント

タイトルとURLをコピーしました